未来の自分

The last pice

ラジオのインタビューで加藤登紀子さんが言っていました。

人生は大きなジグソーパズルを作っているようなもの

毎日一つ一つパズルを埋めていくように

そして、あまりにも大きいパズルなので途中では全体像が見えない

けれど、70才を過ぎたあたりから完成された姿がみえてきた

と言っていました。

自分自身はどうかといえば一枚の大きなパズルといううより、

節目節目で違うパズルを作っている、感じです。

5年前にレイキと出会ってからは

全く違った、パズルを作っている印象です。

年齢を重ねることは悪くない

自分のパズルの全体像を見てみたい

そんな風の思えるインタビューであり

レイキとのであいは、新しいパズルなんだ

新たなであいに感謝しています。