レイキヒーリング

演劇ワークショップその2

いつもブログをお読み下さりありがとうございます。

自分の身体の反応に気づいていますか?

先日、中村麻美さんの演劇ワークショップを見学させていただいて、エネルギー療法家としての観点から演者をサポートさせていただくと面白いのではと思ったしだいです。

その理由として、あくまで素人の演者という前提でのお話しになります。

大まかに3点あります。

最初に、場や演じる設定の状況にそったエネルギー空間を演者がセリフを読むことに意識が行き今のエネルギー空間を感じていない。という状況がありそこをエネルギー療法家としてサポートする。

もしくは、そもそも演者が空間を作れていない又は、演者同士で共有できていない場合それをサポートする。

そして、表現者として演者が必要なエネルギーを出せていない、それを行うためのエネルギーの通り道が開いていない。

このような場面でエネルギー療法家としてサポート出来ることは沢山あるのではないかと思います。

そして、そのようなエネルギーな使い方は普段の生活も豊かにして行くと考えています。

その第1歩として、

自分の身体の反応に目を向けることが大切であると思います。

10月桜滋賀県大津市にて

ソメイヨシノと違い可憐な花です。